共に奏でる


先日、東京で2016ニューイヤーコンサートに出演させていただき、

メンデルスゾーンが作曲した

アンダンテと華麗なるアレグロを演奏させて頂きました。

この曲はピアノ連弾として作られた曲で、

パートナーの長江恵佑くんとは大学の同期でした。

彼とは音色も似ていて、共に響きを作り、共に奏でることが

ピアニスト同士でできる唯一のパートナーです。

表現をすぐさま読み取り反映してくれる様に

いつも驚きを隠せません。

共に音楽を奏で、共に音楽を表現できることに幸せを感じています。

ピアノ連弾はソロでは味わえない趣をたくさん持っています。

この彼と音楽ができること、そして何より先人たちが残した文化に

感謝いたします。

そしてこれからも、感謝を忘れずより深い表現を追求していく所存です。


特集記事
最新記事

©2015 Takahiro Tsuda All Rights Reserved, Japan