契り


3月13日に兄の結婚式がありました。

人生において「式」は

入学式や卒業式、成人式などたくさんの式があると思います。

その式は自分たちが主役というよりかは、

支えてくださった方々やここまで育ててくれた両親、

たくさんの教えをくれた師に

感謝の気持ちを込めて「ここまで成長しました」

という姿をみせる場であるべきだと、思っています。

そんな兄の感謝を伝える晴れ舞台。

登場から兄らしさがめいいっぱい伝わり、

涙の式ではなく、笑いの式になっていました。

そんな素敵な式も流れる時には逆らえず、、、

あっという間に終わりましたが、兄もほっとしたのか

少々疲れがあったように思います。

兄の新しい一面を見れた気がしました。

僕もピアノを演奏させていただき、

兄の門出を祝うことができました。

兄弟でのセッションも人生初めて。

とても貴重な体験になりました。

プログラム

1.シューマン=リスト

ミルテの花より「献呈」

#結婚式

特集記事